徳島県高等学校教育研究会 国語学会
 

事務局より

高教研国語学会へのご意見・ご質問・学会機関誌へのご寄稿につきましては、学会事務局
(徳島県立城南高等学校 教諭 泉始位 izumi_tomonori_1@mt.tokushima-ec.ed.jp )まで、メールをお送りください。
 

文書・様式のダウンロード

名前
サイズ
作成者
作成日
 
現在の場所に登録されているファイル・フォルダはありません。

事務局からのお知らせ


2010/07/05

源氏物語絵巻「末摘花」,源氏物語図花宴,初音

| by:国語学会
石山寺さまのご厚意により、石山寺蔵の源氏絵巻「末摘花」,源氏物語図「花宴」,源氏物語図衝立「初音」,
紫式部図の掲載許可をいただきました。
なお、こちらに掲載した画像を出版物・Webページに転用することはできません。

源氏物語絵巻「末摘花」


源氏物語絵巻「末摘花」 より
宗教法人石山寺蔵
(重要文化財)

故常陸宮の姫君、末摘花に心惹かれた源氏が
大輔の命婦に手引を頼む。
源氏物語図「花宴」


源氏物語図「花宴」より
宗教法人石山寺蔵
山田意誠筆

宮中の花見の宴のあと、月の美しさに誘われて弘徽殿に
忍び込んだ光源氏が、「朧月夜にしくものはなし」と
口ずさみながら近づいてくる朧月夜と出会う。
源氏物語図衝立「初音」


源氏物語図衝立「初音」より
宗教法人石山寺蔵
伝 狩野養信筆

光源氏三十六歳の正月、明石の姫君のもとには離れて
暮らす生母の明石の君から和歌と五葉松が届き、姫君を
訪れた源氏が返事を書くようにすすめる。
紫式部氏図紫式部図
宗教法人石山寺蔵
土佐光起筆

紫式部は、新しい物語を作るために参籠した石山寺で、
湖面に映る八月十五夜の月に着想を得、「源氏物語」を
書き始めたと伝えられています。
掲載画像はオリジナル版ではなくアレンジ版です。

宗教法人石山寺さま、ありがとうございました。

石山寺さま(〒520-0861 大津市石山寺1丁目1-1)のWebページへはこちらからどうぞ。

12:30 | 案内・募集